銅レリーフ合板の作り方

銅レリーフ合板の作り方

レリーフとは、金属板を削っていぶしたり、腐蝕させた部分にインクを入れることで線描を施す技法です。
「リリエーヴォ(rilievo)」というイタリア語(「突出部」や「浮彫り」といった意味)に由来しているのだそう。
様々な美術品、硬貨、家具の外装などに見られ、使う道具によって微細な線や図柄まで表現することができます!
 
 

銅レリーフ合板の作り方①

レリーフ手順1
レリーフ板に合わせて下絵を描きます。
下絵の紙をレリーフ板の上に固定し、ボールペンでなぞると写ります。

 

銅レリーフ合板の作り方②

レリーフ手順2
下絵をはずし、もう一度、ヘラなどで強く押し描きます。

 

銅レリーフ合板の作り方③

レリーフ手順3
細かい描写をヘラや釘などで表現します。バックを押しつぶすと立体的に仕上がります。模様をつけ終えたら、水をつけてスチールウールで磨きます。
(表面についた油をとるための作業です。いぶすと溝の部分が黒くなります。)

 

銅レリーフ合板の作り方④

レリーフ手順4-1

レリーフ手順4-2
ポイントとなる部分です!
作品は縁をつかんで持ちます。いぶし液をパッケージ通りの分量で薄め、刷毛で表面を塗ります。2~3度重ねて塗りましょう。
5分くらいでいぶされます。(薄め方や温度によって多少異なります。お湯は使わないでください。)
あまり長く行うと表面にすすなどが付くので注意しましょう。

銅レリーフ合板の作り方⑤

レリーフ手順5-1
水で洗い乾かします。

 

銅レリーフ合板の作り方⑥

レリーフ手順5-2
再び、耐水ペーパーで凸部を磨いて表面をきれいにします。

 

銅レリーフ合板の作り方⑦

レリーフ手順5-3
その後、水を含ませた布かティッシュで拭き取り、さらに乾拭きをします。光沢を出したいときは仕上げ液を刷毛で塗り、出来上がりです。

 

銅レリーフ合板 完成!

レリーフ手順6
渋く素敵な作品が出来上がりました。

この記事を読んだ⼈はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップ